看護師の役割

快適!老人ホームの魅力

老人ホームでの看護師の役割とは

老人ホームは、一般的に要介護認定を受け、かつ自立生活が困難な高齢者が入所する施設です。
その中で看護師には「入居者の健康管理」が求められます。多くの老人ホームには医師がおりませんので、1人1人の体調チェックを行い、活動の可否を判断し、必要に応じ病院への受診を促すのが最も重要な役割です。
また、施設の在り方上、医療行為は非常に少なく、利用者様とお話をしたり、レクレーションに参加したりと、時間を共有できるのが病院勤務等では味わえない大きな魅力と言えます。
介護福祉士や栄養士や事務職に看護師としての専門知識を提供するのも大きな役割です。例えば、ある夏の日に近くの公園にてレクレーションを行うことが決まりました。
看護師としての意見を求められています。あなたならどのような意見を述べますか?答えはひとつではありません。
「高齢の方が多く脱水の危険性があるので涼しさが感じられる朝方に実施しましょう。」。これも脱水症の危険性を加味した看護師として十分な意見です。
看護の専門職としての判断と施設への知識の提供。老人ホームでの看護師にはこれらが役割として求められています。

人としての権利や尊厳を守る老人ホーム

老人ホームと聞くと最近では色々なニュースになっていることから、入居すると人としての権利や尊厳を奪われてしまうのではないか・人間として過ごすことができなくなるのではないかと不安を抱えている人も少なくないと言われています。
ですが実際の老人ホームの多くが入居している人たちの権利や尊厳を守っており、その人たちが快適に安心して生活することができるように配慮されています。
そのため家で使っていた家具を持ち込むことができたり、お酒や喫煙がある程度許可されている・個室対応で自分の自由に過ごすことができるなどの対応をしているところが多いです。
このようにその人が安心して過ごすことが出来るようにしているのはもちろん、やりたいことややりたくないことなどは強要せずにあくまでその人の意思や希望を尊重して生活してもらうように配慮していると言うのが本来の老人ホームの姿となっています。
そのため、このような老人ホームを見つけるということが非常に重要なポイントになっているとされています。

注目サイト

白山 歯科
http://www.bunkyo-city.com/

2017/3/10 更新

Copy Right (C) 快適!老人ホームの魅力 All Right Reserved